言葉以外の言葉~おじゃったもんせ~

 

最近引っ越し後でバタバタしていたが、ようやく落ち着いてきた。

その中であった出来事を一つ。

 

 

おじゃったもんせー

 

九州に引っ越してきて、鹿児島の知り合いから

「おじゃったもんせ~」

というLINEが来た。

 

 

全く聞いたことがない言葉だったが、とりあえず状況と会話の流れから

「いらっしゃいませ~」「ようこそ~」「おいでやす~」

的な意味であろうことは分かった。

(実際調べてみると「おじゃったもんせ」は鹿児島弁で「ようこそいらっしゃいました」という意味だそう)

 

 

そこで不思議だったのが、

全く聞いたことがない単語なのに、意味が分かったということ。

この状況と流れと、発言の雰囲気から「ふざけんな、帰れ」とは言われていないことは分かった。

 

 

恐らく

「タッカラプト、ポッポルンガ、プピリットパロ!」

と送られてきても

「ああ、ナメック語で、『いらっしゃい、ようこそ!』という意味だろうな」

と思ったと思う。

(ちなみに「タッカラプト、ポッポルンガ、プピリットパロ!」はナメック語で「いでよ神龍」なのでお間違えなく)

 

 

全く聞いたことがない単語なのに、意味が通じていることが不思議だった。

この時<言葉>というものをもう一度考えた。

 

 

 

ボディランゲージ

 

私たちは実際様々なものを用いてコミュニケーションをとっている。

<言葉>を多用するが、その中でも

「話す表情」「抑揚」「強弱」「声の大小」「ジェスチャー」「視線」など様々な要素がある。

 

 

コミュニケーションの中で単純に「言葉」が占める割合は全体の2割だという研究結果もある。

イメージとしては、絵文字やなんの記号もつけないで、ただ「ありがとう」とメールを送るようなものだ。

同じ「ありがとう」でも、表情やジェスチャー、言い方によって全然違う意味になる。

もし知り合いから一行「ありがとう」というLINEやメールが来たら、到底感謝されているようには思えない。

むしろ「…怒ってる??」と返したくなる。笑

 

 

人は多くのものを通して自分の意志や思いを伝えている。

「おじゃったもんせー」も、言葉としては全く知らなかったが、意味は通じたように、

私たちがコミュニケーションをとる上で、「言葉」の占める割合は多くはないようだ。

 

 

しかし「いらっしゃい」のような簡単なことは、それほど問題はないが、

もっと深い自分の考えや抽象的な概念を伝えるとなると、どうしても<言葉>が必要になる。

外国語で外国人と話す時も、道案内などはできても、その人の人生観や深いことについて話すためには、どうしても<言葉>もまた必要になってくる。

 

 

 

聖書には以下のように書かれている。

「わたしたちは皆、多くのあやまちを犯すものである。もし、言葉の上であやまちのない人があれば、そういう人は、全身をも制御することのできる完全な人である。

馬を御するために、その口にくつわをはめるなら、その全身を引きまわすことができる。」

ヤコブの手紙3章2~4節

 

 

「言葉の上であやまちのない人は完全な人だ」という一文が非常に印象的だ。

 

 

<言葉>にも気を付け、

また<言葉以外の言葉>にもまた気を付け、

自分を制することができる人になりたいものだ。

 

 

 

 

<シニフィエ>と<シニフィアン>について

 

個人的に「言語学」にも非常に興味がある。

「りんご」をヒンドゥー語でなんというのか?

ということにはあまり興味がないが、

その言葉の構造や特徴にはとても興味がある。

 

 

 

 

最近長年ずっと探していた<単語>を見つけた。(^◇^)

 

ある概念があって「これを現す単語ってないのかな~」と思っていたが、最近ある本を読んでいた時に、たまたま発見した!

 

 

 

 

それが「シニフィエ」「シニフィアン」という単語だ。

 

 

 

 

この言葉はスイスの言語学者フェルディナン・ド・ソシュールによってはじめて定義された言語学用語。

「近代の言語学者の父」と呼ばれているそうだ。

 

 

 

<シニフィエ>と<シニフィアン>とは

 

<シニフィエ>と<シニフィアン>とは何だろうか?

 

 

まず<シニフィエ>とは「その物の意味」を指す。

例えば「りんご」ならば、「り・ん・ご」という音ではなく、りんごそのものの意味を指す言葉だ。

これは各言語によって違いはない。

「りんご」と聞いた時に、日本人が頭に思い浮かべるそのイメージ(🍏)が<シニフィエ>だ。

 

 

一方<シニフィアン>とは「その物の意味を現す記号ないし音」をさす。

これは各言語によって異なる記号や音を用いる。

「りんご」🍏を表すならば、

日本語ならば「りんご」であり、

英語なら「Apple」であり、

韓国語なら「사과 」という記号と音を使って表す。

 

 

人は<シニフィエ>から<シニフィアン>を思い浮かべることもあるし、

逆に<シニフィアン>から<シニフィエ>を思い浮かべることもある。

(むしろそれができないならば、言語として成り立たない)

そのためこの二つは表裏一体の関係にあると言える。

 

 

ちょっととっつきにくい感じも受けるが、言っていること自体は難しい話ではない。

「言われてみれば確かにそういう構造をしている」と十分理解できる概念だ。

 

 

 

さて、なぜ私がこの<単語>を探していたかというと、、、

 

 

 

 

啓示は<シニフィエ>で来る

 

よく聞かれる質問の一つが、

「日本人が啓示を受ける場合、どうして日本語で来るのですか?神様は日本人なのですか?」

とか

「啓示は何語で来るのですか?」

とかいうのが多い。( ˘•ω•˘ )

 

 

この質問にはいつも一言で

「啓示は<意味>が来るから、言語は関係ないんですよ」

と答える。

 

 

 

しかしこの<シニフィエ>と<シニフィアン>という概念を用いて表現するとすれば、

「啓示は<シニフィエ>で来る」

と表現できる。

(もちろん相手がこんなマニアックな単語を知っているはずもないので、このように答えることは、未来永劫無いだろうが…)

 

 

 

相手がもしマニアックな言語学者だったりしたら、

「啓示は<シニフィエ>で来るので、<シニフィアン>は関係ないんですよ」

と一言で答えてみたい。( *´艸`)

 

 

「こやつ…できる!」Σ(・□・;)

という反応が見れそう。笑

 

 

 

つまり啓示は<その物自体の意味>が来るのであって

「りんご」「Apple」「사과 」というような<音>や<記号>が来るのではないということだ。

(もちろんそういう音声啓示もあるにはあるが)

 

 

 

 

説明するときに、いつも長い説明が必要だったが、この単語を使えば一撃で説明できる!

と、喜んだ。

 

もしマニアックな言語学者に上のような質問をされたら、ぜひ使ってみて、相手を驚かせてみて頂きたい。

 

 

 

 

※注意「啓示は<シニフィエ>で来る」というのは御言葉ではないので、あくまで参考程度に。笑