福岡電鉄で見えた<構想の重要性>@九州

 

先日人生で初めて九州に上陸した。

来てみたいとは思っていたけれど、なかなか来ることがなかった九州!

 

福岡空港に到着したのは18時だというのに、この明るさ!

 

 

写真だと少し暗く見えるかもしれないが、実際はもっと明るかった。

感覚的には東京での16時くらいの明るさ。

「2時間の時差があるのでは!?」と思うくらい。

 

 

 

 

福岡市内の電車にて

 

福岡空港に降り立って、電車で移動した際に、ふとドアの上にある案内表示板を見た。

それが以下。

 

 

 

いたって普通の案内表示板だが、

 

さて、これを見て、どう思われるだろうか?(´・ω・`)

 

 

特に「これが正解!」ということはないので、考えてみて頂きたい。

 

 

では Thinking Time Start!

 

 

 

 

…(どうと言われても)…(*_*)

 

 

…(なんか古い感じがするな)…

 

 

…(福大前って、ひっくり返したら美味しそうだな)…(‘ω’)

 

 

…(次郎丸ってすごい名前の駅だな)…(‘Д’)

 

 

…(六本松て、六本木を意識したのかな?)…|д゚)

 

 

…??

 

 

Finish^^

 

みなさんは何を思われただろうか?

是非コメントに書いていただければ。(‘ω’)

 

 

 

 

ちなみに電車の案内掲示板、東京だと以下のようになっている。

 

 

何が違うかと言えば、福岡の電車の案内掲示板は「駅名が全部書かれていて、今電車がどこを走っているのか、ランプが点灯することで分かる」ようになっている。

 

 

 

 

 

これを見て自分は何を感じたかというと、

(福岡電鉄にけんかを売るつもりは毛頭ないのだが)

 

「駅が増えたり減ったりした時、全部作り直しだな」(´・ω・`)

 

ということだった。

 

 

 

 

構想の重要性<変化の可能性を考慮する>

 

現段階の構想だと、全部駅名が書かれているので、

もし開発が進んで、

〇ある駅が無くなったり

〇ある駅と駅の間にもう一つ駅が増えたり

〇駅名が変わったりすると

全部作り直さないといけなくなる。

 

 

電車がいくつぐらいあるのか分からないが、もし変えなければいけなくなった場合、全ての電車の全ての案内掲示板を全部付け替えないといけない。

これはかなりの労力と人件費がかかる。

 

 

もちろん都市開発が完全に計算され尽くされていて、

もうこれ以上絶対に駅も増えないし、減らないし、名前も変わらない!

という前提の上で作られた案内板なのかもしれないが。

(もしそうだとしたら、恐るべし福岡市!(‘Д’))

 

 

 

一方、東京の電車の案内板は上に路線図が紙で貼られていて、

「今はどこにいるのか」「次の駅は何か?」は電光掲示板で表示する形になっている。

 

つまり、もし駅名が変わったり、駅が増減した場合でも、表示するデータを削除したり、内容を変えるだけで済む。

上の路線図は変える必要はあるが、紙で印刷したものを貼っているだけなので、変えること自体はそれほど大変ではない。

 

 

つまり電光掲示板での表示の方が、「変化に対応しやすい」構想になっていると言える。

 

 

 

 

私は以前Webプログラマーをしていたことがあるが、

システム構築においても重要な観点が

「今後の変化に柔軟に対応できること」

である。

 

 

例えば、よくあるシステムとして、ユーザーが個人情報を登録するシステムがあったとする。

「名前(漢字)」「性別」「郵便番号」「住所」「生年月日」「電話番号」

を登録するシステムを構築したとする。

 

 

しかし後々

「あ、やっぱり漢字の読みも平仮名で登録してもらいたいわ!」(‘ω’)

という要望が挙がることがある。

(実際現場では非常~~~~によくあることだ)

 

 

そのためプログラムを組む場合、

「最初から項目が増えても簡単に対応できるように」

組んでおくことがとても重要になってくる。

 

ここでいう「簡単に対応できる」というのは

「プログラムを書き換えないといけない部分が少ない」

ということを意味する。

 

 

プログラムの中で書き換えないといけない部分が多いと、

〇書き換えないといけない箇所をミスする可能性が増える

〇書き換えに時間がかかる

というデメリットが起こる。

 

 

 

Webでデザインを作る時も、

例えば項目の名前も、そのままHTMLに書き込んでしまうと、後で修正するとき全部書き換えないといけない。

ものすごい労力がかかってしまう。

そのため項目の名前をデータベースから持ってきて表示するということをしたりする。

そうすれば「項目の名前を変えたい!」と思った場合でも、データベースのデータを書き換えるだけで簡単に対応することができる。

(意味が分からない人は読み飛ばして大丈夫)

 

 

 

つまりシステムを構築する時も

「今後の変化に柔軟に対応できること」

を念頭において<構想>することがとても重要になってくる。

 

 

 

 

最後に

 

時代はいつも進歩している。

今あるものが、いつかは無くなったり

今無いものが、ある時から生じたりする。

 

最近は変化の速い時代になったとよく言われる。

 

 

だから「今」だけを見て、いろいろなものを構想すると

後々の変化に対応できなかったりする。

 

 

後あとになって「ああ、もっとこういう風に作っておけばよかった」というようになる。

 

 

 

これは自分自身を作る時も同じなのかなと思う。

 

 

 

大学生が簿記2級の資格を取っても、

将来のやりたいことが変わって、全然関係ない仕事に就くこともあるかもしれない。

 

 

「TOEIC900点取る!」というのも、

将来英語を使う可能性が高いなら、有益かもしれないが、

時代が変わってくる可能性は大いにある。

最近は翻訳機の性能がどんどん高まっており、

近い将来同時通訳する機械も出てくるだろうと言われている。

通訳者が職を失う可能性も出てきている今の時代だ。

 

 

 

 

変化が激しいこの時代は

「ああなっても、こうなっても対応できる自分を作る」

ということが求められているように思う。

 

 

そのためには「今」だけを見て構想していてはダメだ。

 

 

 

どんな変化にも対応できるように、

もっと自分の根幹を鍛えることが

この時代に求められている。