どちらが<異常>なのか?

Pocket

 

正確にいつだったかは覚えていないが、恐らく7~8年前のこと。

自分がまだ大学生の時。

 

 

その日いつものように大学から帰ってきて、駅から自宅まで自転車で走っていた。

 

 

すると向こうから同じく自転車で走ってきた男性とすれ違った。

 

 

すれ違う瞬間にその人を見てみると、ちょっと変な感じでニヤニヤ笑っていた。

 

 

それを見て瞬間「あ、この人は障害のある人なんだな」と思った。

(そういう人は大体見れば雰囲気やしぐさで分かるだろう。)

特に「思う」というほど思っていなかったが、なんともなしに通り過ぎた。

 

 

しかしその瞬間

「あれ?自分はどうしてあの人は障害のある人だと判断したのだろう?」

と考えた。

 

 

 

 

 

考えてみると、

あの人は少し笑いながら自転車に乗って走っていただけだ。

それのどこがいけないのか?

それのどこが変なのか?

 

 

(もちろん普通に爽やかな笑顔で走っていたら、

「ああ、なんていい笑顔で自転車に乗る人なんだ」(^◇^)

で終わったかもしれないが。)

 

 

その時、

「そういうお前はどうなんだ」と自分を振り返る。

自分は笑うこともなく、真顔で(ある意味ブスっとした顔で)、自転車をこいでいる。

 

 

それならば、多少変な感じだとしても、笑いながら自転車をこいでいるあの人の方がよいのではないか??

むしろ笑いもしないで、ブスっとした顔で自転車をこいでいる自分の方が<異常>なのではないか?

と思った。

 

 

聖書には以下のように書かれている。

 

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。

テサロニケ人への第一の手紙5章16~18節

 

 

その人が「喜んでいた」かどうかは分からないが、とりあえず「不平不満」は言っていなかった

 

 

下手すると神様に「あなたも私から見れば異常だ」と言われてしまうかもしれない。

 

 

人のことをどういう言う前に、

神様の前で、御言葉に照らし合わせてみた時に、自分の行動はどうなのか、

いつも振り返ってみるべきだということを悟るようになった。

 

 

 

コメントを残す