日記で見た<御言葉を聞く前後の変化>

Pocket

 

自分は過去の記憶があまりない。

高校三年間通ったけれど、どう考えても3年分の記憶はない。断片的にパラパラ記憶があるだけだ。

他の人と比較することはできないが、小中高と総合して考えてみても、恐らくびっくりするぐらい無い。

 

 

当時大学生になろうとしていた自分は、

それがとてももったいないように思えて、

また自分が歩んできた道が消えてしまうように思えた。

それで大学に入学した当日から「日記」をつけるようになった。

 

 

継続力は割とある方なので、大学1年~3年生まで続けた。

3年間続けたので、続けていくことはできたが、一度「意図的に」日記をつけるのをやめた。

そして再び2~3年後に日記をつけるようになった。

二回目に始めて以来、今まで5年間ずっと続けている。

 

 

1回目に日記をつけ始めた理由と

2回目に日記をつけ始めた理由は、全然違う。

 

 

 

御言葉を聞いて変わったこと

 

自分は大学2年の終わり、3年の頭に御言葉に出会った。

そのため、御言葉を聞く前の様子と、聞いた後の様子が日記に残っている。

 

 

いつかパラパラと日記を見返していた時、

御言葉を聞く前と聞いた後の日記に、違いがあり過ぎて面白かった。( ´艸`)

 

 

正直、同じ人間が書いているとは思えない。笑

もちろん口調や書き方などは同じだが、書いてある内容、文字のきれいさなど、全然違う。

 

 

 

 

その中でも一番違うなと感じたのは、

一言で言うと<感謝>だった。

 

 

 

御言葉を聞く前と、聞いた後で、

<感謝>の内容と数が圧倒的に違う。Σ(・□・;)

 

 

 

「神様、感謝します!!」とか

「こういうことがあって感謝だ」とか

「誰々がこうしてくれて感謝だ」など

<感謝する内容>がとても増えていることに気が付いた。

いや、気が付くというほど注意してみなくても、一目瞭然だった。

 

 

 

実際にその日記を全部見て頂ければ一目瞭然に分かるだろうが、

それもできないのが非常に残念。(+_+)

 

 

 

 

 

<感謝>が増えると同時に、逆になくなっていたのが<否定的な言葉>だった。

もともと否定的な言葉はあまり使わないタイプではあったが、

どちらかというと自虐的な、皮肉的な言葉はパラパラ見受けられた。

しかしそれも御言葉を聞いた後にはパッタリなくなっていた。

 

 

御言葉を聞いて、

自分がどれだけ愛されているのか、

自分がどれだけ貴重な時に生きているのか、

自分がどれだけ幸せなのか、

自分がどれだけ助けられてきたのか、

を悟るようになったからだった。

 

 

これを本当にわかったら、

<感謝>が増えるしかないのではないだろうか。

 

 

 

日記を一度やめた理由

 

3年間続けた日記を一度やめた理由は二つある。

 

一つ、御言葉を聞いて、たくさん活動するようになり、たくさん経緯ができて、毎日書ききれないほどになったから。

もともとそんなにアクティブではなかったタイプの人間が、御言葉を聞いてから、すごくアクティブに活動するようになった。

すると天との経緯もたくさん生まれて、日記に書くのが大変なくらいになった。

基本的に、一日にB5のノート1枚を書くようにしていたが、B5ノート1枚には収まらなくなってしまった。

そこに時間を投資するよりは、もっと自分に投資した方がよいのではないかと思った。

 

 

 

二つ、御言葉を聞いて「過去は無くならない」ということが分かったから。

自分の人生の意味が分かったから、虚しさがなくなったから。

 

 

もともと日記を始めた理由が解決されたから、ということだった。

 

 

今日記をつけているが、それはまた少し違う意味あいがある。

 

 

いずれにしても、日記を通して

「ああ、本当に鄭明析先生が御言葉を通して、自分を変化させて下さったんだな」

と感じる他なかったし、

先生に対して感謝しかなかった。

 

 

 

別人のように喜んで書かれている日記を見ると、

書いた本人が見ても、ほほえましく、また若干恥ずかしい。笑

 

 

人生の中に<感謝>が満ちてこそ、幸せな人生だと言えるだろう。

 

 

 

御言葉で変化させて下さったことに、心より感謝して、

このブログもまた、

<感謝>の満ちるブログにしていきたい。

 

 

 

 

日記で見た<御言葉を聞く前後の変化>」への2件のフィードバック

コメントを残す